大阪大空襲~生死をかけた わかれ道~

空襲の被害データ

  • 空襲を受けた年月日

    1945/3/13

  • 来襲した軍用機の種類

    B-29 274機

  • 空襲で亡くなった人の数

    3,987人

  • 空襲で負傷した人の数

    8,500人

1945年3月13日の深夜から未明にかけ、米軍の爆撃機「B-29」274機が大阪の空を埋め尽くすように飛来し、1733トンもの焼夷弾を投下した。

この「大阪大空襲」は被災家屋は13万6千戸を数え、約4000人もの命を奪った。この空襲による炎の中を7歳の少年は家族とともに必死に逃げのびた。このことは戦後、家族の間でも話題にのぼることはなかった。だが、少年は空襲から70年後、この事実を後世に伝えようと1冊の漫画風画集で、そのすさまじい体験を再現した。

本を出版した矢野博さんが、その本の絵を交えながら当時の様子を語ってくれた。

制作:THE PAGE 大阪、エキスプレス
未来に残す 戦争の記憶 トップへ

未来へ伝えるみんなの思い

あなたも、戦争に対する思いを投稿してみませんか?

みんなの思いを見る